プロペシアのジェネリックで長期治療も安心

薄毛、抜け毛、頭皮のかゆみなど、髪の毛の悩みがある人は一度は聞いたことがあるのが飲む育毛剤の存在。

プロペシアはアメリカだけでなく、世界中で人気を集め、日本でも発売されています。

AGAと言われる男性型脱毛症では、専門医でも積極的に治療に取り入れられているため、服用を決めたという人も少なくないでしょう。

進行性の髪の毛の症状を食い止める治療ですから、長期にわたるプロペシアの使用を考えるケースも少なくないでしょう。

その際、継続していけるかどうかは、大きなモンダイです。

継続できないというのは、さまざまな要因がありますが、多くはコスト面での負担もその理由になります。

やはり、毎月お金をかけてケアをしていくというのは、長期的な視線で見ると、負担が増えます。

そこで、注目されてくるのは後発薬の存在です。

ジェネリックは安価で同じ効果のお薬が入手できるという利便性の高さで人気です。

ジェネリックがどうしてプロペシアの正規品に比較して安価に価格が抑えられるのか、その理由を考えてみましょう。

新薬を開発するには長期にわたる研究が必要になります。

何度も実験を繰り返し、安全性を証明しながら販売へこぎつけるので、開発コストがかさみます。

ジェネリックにはその開発のコストが必要ありません。

新薬が発売され特許がつけば、その薬をコピーして販売することは不可能になりますが、特許が切れればジェネリックを販売するが可能になります。

このあたりの特許の法律が違うインドでは、多くのジェネリックが製薬されて、世界中に販売されています。

この春からは、日本でプロペシア(フィナステリド)ジェネリックが発売されることになっています。

これはとても嬉しいことです。